車の鍵にGPS機能がついたキーホルダーを

subpage01

現在の車の鍵は、ピっとボタンを押すだけで自動的に車の鍵があく高精度のものが多く、いいものだと、ドアまで自動であくようなものもあります。
それだけ車の鍵の機能が発達している現在ですが、やはりそれを管理するのは、人間です。
大事な車の鍵をどこかに置き忘れてきたり、落としてしまったりすることは充分に考えられます。



そういった高精度の鍵をなくした場合、再度作り直すには、結構の費用がかかります。



自動車メーカーも、車の盗難防止の為に、鍵の精度を上げていますので、鍵を作り直すとなると、車両ナンバーや車一台一台にシリアルナンバーを付与して管理しています。



そして、作り直すとなると、何万円という費用がかかる場合もあります。

そこで、そのような事故を未然に防ぐ為に、GPS機能が着いたキーホルダーを車の鍵につけておくと、なくしたときに大変助かります。

もちろん、それは車の鍵に限ったことではなく、家の鍵にもつけておけば、どこかでキーケースごと落としたとしても、見つけやすいでしょう。
最初に、GPSで探せる権限を設定しておく必要がある場合がありますが、その設定さえしておけば安心です。


このように、GPS機能は、場所を特定するのに非常に有効に活用できます。
今までであれば、もし大事なものを落とした場合は、落としたかもしれない場所を何時間もかけて探し回ったり、警察に届け出て、見つかるのを待ったりする必要がありましたが、この手間をGPSで一気に解決できます。